健康・栄養・食事・運動

糖尿病患者の勉強会で提供したお弁当です。 洋風ちらし寿司 オムレツ 鮭のマヨネーズ焼き リンゴのコンポート 組成:544kcal (たんぱく:21.2g 脂質:16.8g 炭水化物:77.8g カルシウム:109㎎ 食物繊維:9.4g ビタミンC:33㎎ 塩分:1.1g...

スーパーで最近よくみかけるシャインマスカットですが、「瀬戸ジャイアンツ」も有名です。別名を「桃太郎ぶどう」と言われています。 ぶどうの粒が「桃」みたいにスジが入っていてかわいい小さい翡翠色の桃がついてる感じ。主に岡山県赤磐郡瀬戸町において9月末~10月初旬に成熟する晩生種だそうです。...

和食は洋食に比べて低カロリーで脂質も少ない。元来日本人は和食を食べてきたので糖尿病や肥満の割合は少なかったのですが欧米食を食べるようになり、体型が良くなり、長寿になった反面、従来の日本人が持っている体質が高カロリー・高脂肪食に耐えられなくなって様々な疾患が起こっているようです。 今回は和食のカロリーダウンを紹介です。 <メイン・魚>...

ミネラルはヒトのカラダに必要なカルシウム、鉄、ナトリウムなど数種類あり、野菜、果物、海藻、乳・乳製品に多く含まれます。生体を構成する主要な4元素(酸素、炭素、水素、窒素)以外の総称です。...

ビタミンやミネラルはエネルギーにはなりませんが、タンパク質、脂質、糖質の分解や合成を「助ける働き」があり、健康維持、体調管理には欠かせない栄養素です。...

健康的に体重を落とすには食事からの糖質と脂質を減らして体脂肪を減らし、運動しながら良質のたんぱく質で筋肉を増強することが一番です。 糖質の栄養学的役割・体のどこに必要かというと、脳、神経組織、赤血球、腎尿細管、精巣、酸素不足の骨格筋などです。これらの細胞は通常ブドウ糖のみをエネルギー源としています。...

20-30代の若者の食事内容はどんなの? 以前、理学療法士の専門学校での食事調査・分析・講義をしてわかったことは、大体、、欠食、インスタント食品、お菓子、外食多めなどです。以外にお酒は少ない。...

暑い夏に欲しくなる冷たいジュースや炭酸飲料。こんな季節に注意が必要なのが「清涼飲料水ケトーシス」です。糖を含む清涼飲料水を飲みすぎることから「ペットボトル症候群」とも言われています。...

プリン体とはあの美味しいスイーツのプリン・Puddingではありません!プリン体は食品中のうまみ成分「核酸」を構成し、8割は体内で作られ、2割は食物から体内に取り込ます。 プリン体の多い食品とは魚卵系(いくら、かずのこ、白子等)、レバー類、肉類、エビ、イカ、いわしなど。...

個人それぞれの体質や生活習慣にあわせた食事指導、それがオーダーメイドの栄養指導です。 Sさんは50歳の現役の男性で体重70kg BMI27 A1c6.8 体脂肪率:25% 筋肉:51kg 内臓脂肪レベル14 スポーツもよくされています。...

さらに表示する