健康・栄養・食事・運動

運動する事は何に対しても良い効果が生まれます。認知症と運動の関わりについて紹介します。 糖尿病治療でも運動することはとても大切です。運動は筋肉の細胞に対してインスリンと同じような効果(糖を取り込む)があり、また神経細胞に対しても多くの効果があるようです。...

肝臓って「沈黙の臓器」って言われてますよね。その働きのすごさと健気さに感心して「肝臓を大事にしよう!」と決意したものです。 「糖尿病は肝臓の病気でもある」と言われるぐらい糖の流れに重要な役割を果たしているんですよ。また、糖質コントロールは糖尿病患者だけでなく全ての人に共通した健康指標です。...

GWいかがお過ごしですか? 去年の今頃はコロナの感染拡大で緊急事態宣言が発令され自粛生活が続いていましたよね。今年は何となく気を付けながらもいつものGWを過ごせてよかったー。 コロナのマイナスな話が多い中、逆にコロナで良かったというお話を紹介します!...

色んな種類の薬を飲む「ポリファーマシー」が問題になっています。薬が増えれば副作用も増え、そして日本の医療費が高騰している原因の一つでもあります。 高齢になると持病が多くなるので薬が増えてきます。糖尿病に高血圧、脳梗塞、心臓、整形外科などなど。また、いくつもの病院で同じような薬が重複して処方される場合もあります。...

新型コロナウイルスCOVID-19が世界中に感染拡大し、こんな事が起こるなんて想像しませんでしたよね。平和で幸せな日常、明日が来ると思っていました。 こんな状況の中で健康体を維持できている事が本当に大切な事なのだと改めて思う毎日です。...

食事療法は、総エネルギー摂取量を適正化し、糖質、脂質、たんぱく質の摂取を管理することが重要です。 また、膵臓から分泌されるホルモン・インスリンの作用不全による負担を減らし、肥満があれば是正してインスリン抵抗性の改善を図るため、糖質コントロールをする事が基本となります。...

体型を表すBMIとはBody Mass Index(ボディー・マス・インデックス)といい、肥満度の指標で理想的な数値は22と言われています。 BMI=体重(kg)÷ 身長(m)²で算出され、24が肥満傾向、25以上を肥満と定義されています。逆に理想体重(標準体重)は身長(m)² x 22で算出できます。しかし、BMI22は本当に標準なのでしょうか?...

Yさん 57歳 女性 身長164㎝ 体重36kg BMI14 体脂肪率5% 筋肉:33.7kg 骨2.0kg 内臓脂肪レベル1ほとんど筋肉と骨状態。。 栄養状態の指標・血中アルブミンは3.5でOK。肝機能(γGTP)が低下と中性脂肪が高値。...

いちごの旬は名前の通り1~5月(イチ・ゴ)。クリスマス前に出始めて5月ぐらいまで店頭に並んでいますよね。12月のものと比べると今の季節の方がおいしくて安い!...

健康体を作るにはまず血糖のコントロールが必要です。過度な制限ではなく体のしくみから考えます。 私が実際に使った血糖値を上げない食品を紹介します。ヘルシー弁当500キロカロリーに使用していた事もあります。 つぶつぶ寒天(伊那食品工業)https://shop.kantenpp.co.jp...

さらに表示する