健康・栄養・食事・運動

みんな大好きコーヒー!1日何杯ぐらい飲みますか?飲み過ぎてないか心配ですよね。適量ってどのくらい?コーヒーをより効果的に楽しむための方法など適切なタイミングや量、そして他の健康習慣と組み合わせることで、コーヒーの健康効果を最大限に引き出すことができます。また、知っておきたい注意点は…

過剰な早食いは過食のリスクを高め健康上の問題も引き起こす可能性があります。<その主なリスクとして挙げられるもの>1. 消化器官の負担 2. 栄養吸収の低下 3. 過食の促進 4. 肥満や体重増加のリスク: <早食いを防止するためには?>...

更年期には体重管理が難しくなることがあります。主にホルモンの変化、代謝率の低下、ライフスタイルの変化(子育てに一段落した時期)などが原因。体重の増加を防ぐためにはバランスの取れた食事、規則正しい運動、十分な睡眠が重要です。また、ホルモンバランスを整えるための治療やサプリメントの利用も検討する価値があります…

朝食は食べた方がいいの?とよく質問されます。朝食を食べることは一般的に健康に良いとされていますが、個人の健康状態や生活習慣によって、朝食の重要性は違うため、一概に全ての人に朝食の摂取を推奨するわけではありません。栄養学的には…

「よく噛んで食べる」ことの重要性は昔からよく言われています。このシンプルな習慣がどのようにして私たちの健康に影響を及ぼすのか、科学的な視点から探ってみましょう。特に咀嚼と「インクレチン」というホルモンとの関係に着目することでこの行動がどれだけ重要か…

紅麹には赤色を帯びた外観、発酵過程で赤曲菌(あかこうきん)が生成する色素。赤曲菌には麹菌と同様の発酵作用があり。紅麹は日本でも古くから漢方薬や調味料として用いられてきました。赤い色素の発酵食品としての風味付けにも使われ紅麹を使った赤味噌や紅麹ごはんがあり、アミノ酸やポリフェノールなどが豊富に含まれ…

脳の老化は加齢によって脳の構造や機能に変化が生じる現象。脳の容量の減少・神経伝達物質の変化・神経伝達の速度の低下・記憶力の低下・認知機能の変化・認知症や物忘れの予防にはいくつかの方法やアプローチ:脳の活性化・運動・健康な食事・社会的交流・十分な睡眠の確

Happy New Year! 新年·快乐!実際に臨床の現場で経験し、研究した糖尿病 高血圧 脂質異常症をはじめとする生活習慣病の改善を管理栄養士の立場で食事管理を踏まえわかりやすくお伝えしていきます!糖尿病や高血圧など生活習慣病に関する質問や疑問などありましたら気軽にメールにてご連絡ください

新年を迎える際、多くの日本の家庭で愛されている伝統的な習慣の一つが「年越しそば」を食べることです。 この風習には深い歴史と文化があり、人々はなぜ年越しそばを食べるのかについてさまざまな理由を持っています。1. 年越しの象徴としての長寿 2. 年明けに縁起を担ぐ 3. 年の瀬を振り返り 4. 寒さをしのぐ温かい食事 5. 家族や友人との絆を深める機会

冬になるとおいしい魚。。まぐろ、寒ブリ、鮭、タラ、キンメダイ、カレイなどなど。旬の魚はおいしいだけでなくDHAやEPAを多く含んでいてとても体にいいんです。魚を食べている人の方が食べない人よりも動脈硬化症が少ないことは世界中のさまざまな国の研究で報告されています。

さらに表示する