JINZO 腎臓 じんぞう

背中の腰の少し上あたり、左右に腎臓があります。

 

血液検査結果の中で腎機能を診るにはレアチニン、eGFR、尿素窒素、血中カリウムが一般的です。ただしこれらの数値は食生活や筋肉量、生活習慣の影響を受けやすいので変動します。

 

もう少し詳しくみるとシスタチンCというのがあります。シスタチンCは細胞内外の影響を受けずに、 腎臓に障害があると血中濃度が上昇するので早期の腎機能マーカーとして有用です。

 

食事や筋肉量、運動の影響を受けずに腎臓内の糸球体濾過量が推測されるので真の腎機能の障害により近い値となります。

 

また、クレアチニン分の1(1/Cr)のグラフを用いて透析導入時期の予想が可能です。縦軸に1/Cr、横軸に測った時間(年月日)を取ると逆比例で0になる時期が透析投入時期と予想できます。

 

 eGFReGFRsys10-15を下回った時点で透析導入が検討されます。それまでに尿毒症の症状、吐き気や嘔吐、むくみ、意識障害、貧血、けいれんなどが出現すると言われています。

 

腎臓は排泄・循環機能だけでなく血液をつくる機能もあります。腎機能が悪化すると造血ホルモン・エリスロポエチンを作れなくなり赤血球・ヘモグロビンの産生量が減り脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり疲れやめまいの症状が出ます。

 

腎臓が悪くなるとほかにも色々な合併症がでてきます。沈黙の臓器といわれ悪化の症状がわかりにくいのですが大事にしないと生命予後にかかわる臓器です。

 

腎臓は加齢と共に機能が低下します。そして一度悪くなると改善する手段が今のところありません。塩分の摂りすぎ、お肉の食べすぎ、肥満、お酒。。。生活習慣の乱れが原因となります。腎臓を大事にするには血圧、血糖値、バランスの良い食事です。

 

バランスの良い食事と習慣化された運動は糖尿病 高血圧 脂質異常症などの生活習慣病予防だけでなく健康体づくり、全ての疾患予防の基本です。健康診断の結果や血液検査の結果、服薬内容を考慮し、医学的な根拠に基づいて個々の身体に応じた必要な栄養素量でオーダーメイドのレシピ・調理アドバイスを提案します。生活習慣病は食事管理で改善できます。ぜひ相談してください!

 

(参考:日本腎臓学会HP//www.jsn.or.jp/global/general/sassi_3201.php)

 

肾脏 JINZO

背部腰部稍稍向上,左右两侧都有肾脏。

在血液测试结果中常见于肾功能是肌氨酸、eGFR、尿素氮和血钾。然而,这些数字会有所不同,因为它们很容易受到饮食、肌肉质量和生活方式的影响。

 

如果你仔细看一点有一个叫西他汀C。西他汀C是有用的早期肾功能标记,因为它增加血液浓度,当肾脏受损,不受细胞内外的影响。由于肾中的肾小球过滤量不受饮食、肌肉质量或运动的影响,因此接近真正的肾功能损伤。

 

此外,使用肌氨酸的 1/1 (Cr) 图表可以预测透析的引入时间。如果取垂直轴上的 1/Cr 和水平轴测量的时间(年月日),反向比例为 0则可以预期透析投入时间的。

 

eGFR(eGFRsys) 低于 10-15 时,将考虑引入透析。到那时,出现尿毒症的症状,恶心和呕吐,浮胀,意识障碍,贫血,抽筋等。

 

肾脏不仅具有排泄和循环功能,还具有造血功能。肾功能恶化时,造血激素和红细胞生成激素不能产生,红血球和血红蛋白的产生减少,氧气不会传递到大脑、肌肉和心脏,出现疲劳和头晕症状。

 

肾脏恶化时,还会出现许多其他并发症。被称为沉默的器官,生命预后相关的器官,如果不小心,虽然恶化的症状是很难理解的。

 

肾脏功能随着年龄的增长而下降。 一旦情况恶化,就没有办法改进它。吃太多的盐,太多的肉,肥胖,喝酒... 这是由生活方式的紊乱引起的。 照顾肾脏是一种血压、血糖和均衡的饮食。

 

 均衡的饮食和习惯化的运动是预防糖尿病、高血压、血脂异常等生活方式相关疾病以及建立健康体和其他疾病预防的基础。根据健康检查结果和血液测试的结果,考虑药物内容,并根据医疗理由,可以·个人身体所需的营养量,提供量身定制的食谱和烹饪建议。生活方式相关疾病可以通过饮食管理得到改善。 请咨询我!

 

 (参考:日本腎臓学会HP//www.jsn.or.jp/global/general/sassi_3201.php)